賃貸探しに頼れる営業

賃貸物件の営業について


トップ » 賃貸物件の営業について

もっと情報一覧

賃貸マンションと営業マン

賃貸マンションを借りるには、ほとんどの方がいわゆる不動産屋の店舗に行き希望条件を営業担当に伝えて、条件に見合った物件を内見して気に入った物件があれば、契約という流れになるでしょう。しかし、絶対に注意すべきは賃貸マンションを借りる際に担当となった営業マンの知識レベルです。不動産という高価なモノを扱うには通常やはり専門的な知識、とりわけ法律的な知識が要求されます。だからこそ、宅地建物取引主任者という資格があるのです。もちろん、宅建主任者でなくとも不動産に関わる仕事に携わることは可能ですが、自分の物件を探す際の担当者が宅建主任者であるかどうかの確認はした方が良いでしょう。そして、できるなら宅建主任者である担当についてもらった方が、何かとトラブルは回避できると思います。

不動産会社の営業について

不動産会社の賃貸部門の営業の主な仕事は空室のある物件を探してきて、オーナーと契約をしてくる外回りの仕事と、管理している物件を部屋を探しているお客さんに紹介することの2つです。会社によっては2つの部門に分け、どちらかに特化して従事する場合もあります。部屋を紹介する部門の場合は、契約後の鍵渡しまでに書類の回収や鍵交換の手配等の事務作業も行ないます。また、更新の手数料も会社の収入源になるので、会社によっては更新はがきの送付も、担当エリアごと等で行なうことになっています。営業といっても賃貸の業務は幅広く、1人の担当者がどこまで行なうかは会社によってかなりの差があります。